①争族にならぬようリスク回避を生前から図っておく
②エンディングノートを記載
③家族信託を行う
④相続税対策を行う

争族にならぬリスク回避が、まず第一。 
家族を困らせない相続の認識が被相続人・親には必要です。

相続は死亡によって開始します。生前から準備が必要になってきます。
先ず生前から家族間の合意が必要です。家族以外の第三者が名乗り上げる場合もあり意外なトラブルの原因にもなります。
兄弟間、親とのトラブルは避けベターな関係を作っておきましょう。
身分関係を客観的に戸籍にて、相続人と被相続人の地位関係を把握しておくことです。

1.配偶者は必ず法定相続人になる。
2.それ以外は優先順位がある。つまり配偶者に加え順位が一番上の存在が法定相続人になる。(配偶者と子供 配偶者が亡くなっている場合は子供)
3.配偶者以外は「血のつながりが濃いひと」で程優先順位が高くなる。

尚、法定相続人とは民法で定められた相続人のこと。
争族にならぬ為には法の基本は理解、家族間公平の原則について相互理解することです。
終活の話を家族会や法事の時に自然に話せる雰囲気を作ることです。お墓の問題も当然必要です。
親の誕生日に食事会に招待する機会を設けることも大切です。家族間の信頼関係を築く努力を忘れないことです。
出来れば今はやりのエンディングノートを記載してもらうといいでしょう。財産の概略が分かります。
家族の争族を願う親はいないはずです。

基本的には相続の場合①死後の準備、②相続の基本、③失敗しない節税に大きく分かれます。
無難な方法として遺言書の公正証書化は親の任意ですが、いつでも変更は可能であり必ずしも絶対ではありません。
現在は社会問題化している認知症への対応が大切です。家族で気が付いたときには遅く成年後見制度申請することもあります。
比較的裁量が利く家族信託が最近注目されており、おすすめです。

家族信託(かぞくしんたく)とは、遺産を持つ方が自分の老後や介護等に必要な資金の管理・給付を行う際、
保有する不動産や預貯金などを信頼できる家族に託し、管理・処分を任せる家族の為の財産管理のことです。
相続法では法定相続分以外の分割は遺留分に違反しない限りは可能となっています。

<節税の手法は相続税特例の熟知と確認が必要>
事前準備と相続開始後の処理におおきくわかれる。相続にまつわる大問題は「争族」と「相続税対策の失敗」。
相続とは、被相続人(亡くなった方)が所有していた不動産や預貯金などを引き継ぐことです。
民法の相続法の中定められており、税金については相続税法の規定があります。

現在の法律では、配偶者や子ども、兄弟姉妹などの家族が被相続人の財産を引き継ぐことができますが、
生前に遺言書を作成することにより家族以外に財産を引き継がせることも可能です。
被相続人が所有していた不動産、預貯金などの財産は「相続財産」や「遺産」と呼ばれます。
相続は誰でも直面しますが、相続税がかかる場合とからない場合があります。

<基礎控除>
3000万+600万×相続人数 

数年前相続税法が変わり相続税を課される人が増えてきています。また民法の改正で今年から相続の制度が変わりました。
法の変化はキャチアップしておくことが必要です。

<まとめ>
①争族にならぬようリスク回避を生前から図っておく
②エンディングノートを記載
③家族信託を行う
④相続税対策を行う